簡単!誰でも作れる自作パソコン

パソコンは今では一般家庭でも普通に利用されている「家電」に近いような存在となっていますが、基本知識さえあれば以外に自作するのも簡単です。

サイトトップ > パソコンの基礎知識

スポンサードリンク

簡単!誰でも作れる自作パソコン

パソコンの基礎知識


既に「パソコン」という略称が一般的になっているパーソナルコンピュータ(Personal computer)は、もともと主に個人で使用するために作られたコンピュータでしたが、急速な高機能化によって、最近では会社のオフィスでも社員各人にも必要不可欠なOA機器となっています。


基本的には個人向けの大きさや性能、価格設定がなされており、エンドユーザーが直接操作できるように作られた汎用的コンピュータですが、毎年の性能向上は非常に目覚ましく、単なるパーソナルユースの領域を超えているかもしれません。


従来の汎用コンピュータは大型で高価だったので、巨大なデータ処理を常時行うためや、多数のユーザーが同時使用する環境下での専任のオペレータを介したバッチ処理やタイムシェアリングをしていました。それが時と共に比較的低価格なミニコンピュータやパーソナルコンピュータが普及するようになって、コンピュータを個人で独占使用することが一般的になったわけで、北米では現在家庭に平均2台のコンピュータがあるそうです。


パソコンの種類にはデスクトップ、ノートブック、タブレットPCなどがありますが、これらはアーキテクチャ的にはほぼ同じものとなっています。(コンピュータ・アーキテクチャは、特にハードウェアとしてのコンピュータにおける基本設計や設計思想などの基本設計概念のこと)又、初期でパソコンは、ユーザーが自分の機械用にプログラムを独自に書き込む必要が多かったのですが、現在のユーザーはすぐに実行可能な幅広いソフトウェアを選択して利用できるようになっています。


こうしたアプリケーションソフトウェアは、ワープロ、表計算、データベース、ウェブブラウザ、CG、電子メール、ゲームソフトや、その他多数の業務用、娯楽のソフトウェアがあって、不便することはまずありません。逆に言えば、マシン本体はかなり規格化されているということで、それだけ自作もしやすくなっているわけです。


簡単!誰でも作れる自作パソコン

MENU



スポンサードリンク